por_1.jpg

学会発表(Presentation)

【 招待講演 】
国際学会シンポジウム

*Akashi H., Toyota K., Kohno S., Iguchi T., Miyagawa S. "Elucidation of molecular mechanism underlying temperature–sensing during sex determination in alligator and turtles" Joint meeting of 5th Binnial North American Society for Comparative Endochrinology and 10th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endochrinology and Neurobiology, Florida Gainesville (May, 2019)

国内学会シンポジウム
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 齋藤茂, 富永真琴, 牧野能士, 河田雅圭.「進化学会シンポジウム:温度適応機構 – 生態から分子まで」日本進化学会第19回大会, 京都(2017年8月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 重信秀治, 齋藤茂, 富永真琴, 牧野能士, 河田雅圭.「温度受容と環境適応のメカニズム “アノールトカゲから迫る異なる温度環境における恒常性維持機構”」日本動物学会第86回新潟大会, 新潟(2015年9月)

学術講演会 一般招待講演
*赤司寛志.「アノールトカゲの多様性と生息地選択」国立大学法人 総合研究大学院大学 第19回学術講演会, 神奈川(2017年11月)

【 国際学会における発表 】
ポスター発表・査読あり

*Akashi H., Saito S., Cádiz Díaz A., Makino T., Kawata M. "Comparisons of behavioral and TRPA1 heat sensitivities in three Cuban Anolis lizards from distinct thermal Microhabitats" Society for Molecular Biology and Evolution 2018, POB-214, Yokohama, Japan (July 2018)
*Kanamori S.,
Akashi H., Cádiz A., Díaz L.M., Sato D., Kawata M. "Detection of genes involved in adaptive evolution to hot-open habitat in Cuban Anolis lizards" SMBE 2018, Yokohama, Japan (July 2018)
*Akashi H., Cádiz Díaz A., Shigenobu S., Makino T., Kawata M. “Whole transcriptome analysis on three Cuban Anolis lizard species adapting to different thermal microhabitats” The 15th Congress of European Society for Evolutionary Biology, P79, Lausanne, Switzerland (August 2015)

ポスター発表・査読なし
*Kanamori S., Akashi H., Cádiz A., Díaz L.M., Sato D. Kawata M. "Detection of genes involved in adaptive evolution to hot-open habitat in Cuban Anolis lizards" The 8th EAFES International Congress. Graduate School of Bioagricultural Sciences, Higashiyama Campus, Nagoya University, Nagoya, (April 2018)
*Akashi H., Chen P.J., Akiyama T., Takayama Y., Tominaga M., Arikawa K. Physiological property and distribution of histamine-gated chloride channels in the visual system of a butterfly, Papilio xuthus. Joint Events of the 22nd International Congress of Zoology and the 87th meeting of Zoological Society of Japan, P433, Okinawa, Japan (November 2016)
*Akashi H., Cádiz Díaz A., Makino T., Kawata M. Genetic bases for different thermal microhabitat use in three Cuban Anolis lizards. International Forum for Ecosystem Adaptability Science IV, Sendai, Japan (December 2012)
*Akashi H., Cádiz Díaz A., Makino T., Kawata M. Genetic bases for adaptation to different thermal environment in Cuban Anolis lizards. Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of Ecological Society of Japan and the 5th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress, P2-159, Otsu, Japan (March 2012)

【 国内学会における発表 】
企画集会

*赤司寛志, 河田雅圭(企画者:赤司寛志, 河田雅圭)「生態学・進化学のモデル生物:キューバのアノールトカゲ」第 61 回日本生態学会, 広島(2014年 3月)

口頭発表
*赤司寛志
, 宮川信一, 河田雅圭, Alex Gunderson. 「キューバ産およびプエルトリコ産アノールトカゲにおける温度適応に伴う遺伝子発現量進化」日本動物学会第93回大会, 東京(2022年9月)
*柳川紗良, 山元響, 赤司寛志, 宮川信一「ニホンヤモリにおける熱刺激に対する生理的応答の解明」日本動物学会第93回大会, 東京(2022年9月)
*石川百花, 菅谷柚香, 宮奥香理, 山岸弦記, 赤司寛志, 豊田賢治, 宮川信一「温度依存型性決定をおこなうカメ類生殖腺の遺伝子発現解析およびスプライスバリアントの研究」日本動物学会第93回大会, 東京(2022年9月)
*山元 響, 赤司寛志, 豊田賢治, 齋藤 茂, 富永真琴, 宮川信一. 「クサガメの性決定における温度感受性TRPチャネルの役割」日本動物学会第93回大会, 東京(2022年9月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 齋藤 茂, 富永真琴, 牧野能士, 河田雅圭.「アノールトカゲにおける高温センサーTRPA1チャネルと高温忌避行動との関連」第63回日本生態学会, 仙台(2016年3月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, Valentin Dacheux, Lazaro M. Echenique-Diaz, 牧野能士, 齋藤 茂, 富永真琴, 河田雅圭.「温度感受性から迫る温度微環境の生息地分割のメカニズム」第16回日本進化学会. 大阪(2014年8月)
*赤司寛志, 河田雅圭.(自由集会 企画者:赤司寛志, 河田雅圭)「生態学・進化学のモデル生物:キューバのアノールトカゲ」第61回日本生態学会, 広島(2014年3月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 牧野能士, 河田雅圭.「アノールトカゲにおける温度適応機構の遺伝的基盤の解明」第15回日本進化学会, 筑波(2013年8月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 牧野能士, 河田雅圭.「アノールトカゲにおける温度適応形質の遺伝基盤の解明」第60回日本生態学会, 静岡(2013年3月)

ポスター発表
*赤司寛志.「動物の温度耐性は温度センサーTRPA1の温度活性から推定できるか?」日本進化学会第23回東京大会, 東京(2021年8月)P3-13.
*柳川紗良, 赤司寛志, 宮川信一.「ニホンヤモリにおける温度感受性TRPチャネルと高温刺激に対する忌避行動の関連」日本進化学会第23回東京大会, 東京(2021年8月)P2-15
*金森駿介, 赤司寛志, Antonio Cadíz, Luis M. Díaz, 佐藤大気, 牧野能士, 河田雅圭「キューバアノールトカゲにおける高温環境への適応進化に関わる遺伝子の探索」 第65回日本生態学会大会,札幌コンベンションセンター(2018年3月)
*石井 悠, Antonio Cádiz, Luis M. Díaz, Karolis Janusevicius, 赤司寛志, 丸山真一朗, 河田雅圭「森林から半砂漠環境への適応進化の遺伝的基盤の解明:キューバアノールトカゲを用いて」日本進化学会第19回大会,京都大学吉田キャンパス(2017年8月)
*石井 悠, Antonio Cádiz, Luis M. Díaz, Karolis Janusevicius, 赤司寛志, 丸山真一朗, 河田雅圭「アノールトカゲの高温乾燥地帯への適応機構:自然選択の検出と発現変動遺伝子から」NGS現場の会 第五回研究会,仙台国際センター(2017年5月)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 重信秀治, 牧野能士, 河田雅圭.「温度選好性の異なるアノールトカゲにおける温度応答の網羅的遺伝子発現解析」第62回日本生態学会,鹿児島(2015年3月)
*Valentin Dacheux, Antonio Cádiz Díaz, Hiroshi D Akashi,Masakado Kawata「Difference in preferred body temperature among three Anolis lizards inhabiting different thermal habitats」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月22日, 高槻現代劇場(ポスター発表)
*赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, Lazaro Echenique-Diaz, 牧野能士, 齋藤茂, 富永真琴, 河田雅圭.「キューバ産アノールトカゲの異なる温度環境への適応機構」第61回日本生態学会, 広島(2014年3月)
*西村悠紀, 若狭 甫, Antonio Cádiz Díaz, 赤司寛志, 牧野能士, 田村宏治, 河田雅圭「アノールトカゲにおいてニッチ形質である後肢長の差異を生み出す遺伝子の検出」第61回日本生態学会,2014年3月16日,広島国際会議場(ポスター発表)
*Hiroshi Akashi, Antonio Cadiz Diaz, Takashi Makino, and Masakado Kawata. "Genetic bases for different thermal microhabitat use in three Cuban Anolis lizards" 第14回日本進化学会. 東京(2012年8月)
*Antonio Cadis Diaz, Nobuaki Nagata, Diaz Beltran, L.M., Echenique-Diaz, L.M.,
Hiroshi Akashi, Takashi Makino, Masakado Kawata "Relative importance of range expansion, speciation and niche differences on regional species diversity in the trunk-ground Anolis lizards in Cuba" EAFES5, 日本生態学会第59回大会 龍谷大学(2012年3月)